ボーイスカウト日本ジャンボリーにてエコキャップ運動


3年前に朝霧にて開催された第15回日本ジャンボリーに続き、山口県きらら浜で行われている第16回日本ジャンボリーでも、エコキャップ運動が展開されています。

今回の日本ジャンボリーではボーイスカウト石川県連盟が中心となって、「地球開発村」エリアでエコキャップ運動の展示を行っています。
展示ブース前には参加スカウトたちが設計図を元に協力して作り上げた大きなエコキャップアートが設置されており、
公式キャラクターである「福太くん」が目印となっています。

また、運動の流れ等を説明したパネルや、キャップをリサイクルした製品のサンプル等も展示されています。

スカウトたちがキャンプ生活をしているエリアでもエコキャップの啓発活動が行われており、
石川県連盟に所属している高校生・大学生年代のスカウトたちが、分別されたエコキャップを日々回収しています。

エコキャップ推進協会が掲げる3つの目的「資源・環境・福祉」の考えに共感し、実践的な啓発活動に取り組んでおられる石川県連盟の皆様に、深く感謝申し上げます。

 

entry_file_display

石川県連盟のエコキャップ展示ブース外観

 

entry_file_display (1)

協力してエコキャップアートに取り組むスカウトたち。海外のスカウトたちも多数来場しました。黄緑色のシャツを着ているのは、台湾から参加したスカウト。

 
entry_file_display (2)
石川県連盟の方から、エコキャップ運動についての説明を聞くスカウトたち。環境意識の高さが伺えます。
 
entry_file_display (3)
完成した「福太くん」。当初の設計図より、カラフルに仕上がっています。